くぼログ

アニスソイル(硝酸態窒素低減栽培培養土)使用の委託栽培者募集のご案内

12月20日(土)にアニスソイル(硝酸態窒素低減栽培培養土)使用の
委託栽培者募集の説明会を行います。
たくさんの方々のお越しをお待ちいたしております。
詳細はこちらです♪

庄内産業フェア開催!

本日、三川町菜の花ホールで
庄内産業フェア開催中!
窪畑トマトも出品しています♪

うれしい♪悲鳴

昨日の夜、『情熱大陸』に当農場が放映されました!!
ポタジエの柿沢シェフは相変わらず綺麗でしたね〜(^∇^)
結構反響が大きくて、
今日は朝から通販も直売所も
問い合わせが多かったみたいです。
すぐに対応できるジュースやドライトマトはOKなんだけど
生のトマトは待ってもらわないとダメかな・・・
うれしい悲鳴です♪

是非お越しください!!

10月24日PM1:00〜
美咲町の職業訓練センター(ケーズデンキのななめ向かい)で
庄内の食育を考える会主催で
株式会社アニスの純浦社長をお呼びして
研修会を行います。
“農薬不使用栽培はどこまで可能か?”というテーマで
お話をしていただきます。
ポタジエの柿沢社長も一緒に来ますよ!
いろんな話が聞けると思います。
多くの方のご参加を待っています♪

雑誌に掲載されましたっ!!

「窪畑のだだちゃ豆」が
雑誌『農業経営者』にて紹介されました。

詳しい記事をご覧になりたい方は

「伊勢丹新宿店フェア」始まりました

待ちに待った「伊勢丹新宿店フェア」始まりました。
ポタジェの柿沢シェフも大忙しとのことです!!
夜も涼しくなってきて、
糖度ものってくれると思います。
“食欲の秋”に負けないトマトだしますよ〜〜♪

庄内食育サマーフェスタに出展・好評!!!

7月26日に出羽庄内国際村で開かれたイベントで窪畑のトマトが採用されました。
タイトルは〜子供たちと食育を考える 庄内食育サマーフェスタ野菜嫌い大集合!〜
あの奥田シェフも登場され「水に沈むトマト」を絶賛、
子供たちもクイズを交えて楽しんで、知らず知らずトマト好きに変身したかな?

会場は大勢の親子連れでたちまち満員になりました。
それにしても、小林かおるアナウンサーと柿沢シェフの花の大輪は、
それだけでトマトを忘れるほどの美しさでしたね。
柿沢シェフはこれで二度目の庄内ということで感謝します。

窪畑ファーム産直店営業開始!

7/16(水)、窪畑ファーム産直の飲食店の営業許可がおりました!
店内で生トマトジュースと体にスーッとなじむトマトエキスの販売ができます。もちろん生トマトも販売しています。
高糖度なトマトのバラ売りもしています。
是非食べに来てくださいっ!!

「窪畑のトマト」が日本経済新聞に掲載されました!!

「窪畑のトマト」が日経新聞に掲載されました。

これからも
皆様から愛される食材を
安心してお届けしていければと思います。
今後とも宜しくお願いします。

〜子供たちと食育を考える庄内食育サマーフェスタ〜

〜子供たちと食育を考える庄内食育サマーフェスタ〜
                        野菜嫌い大集合!
日時:7月26日(土)
会場:出羽庄内国際村ホール
住所:〒997 山形県鶴岡市伊勢原町8-32 
連絡先:tel. 0235-25-3600 fax. 0235-25-3605
アクセス:鶴岡駅からタクシー10分、羽黒山方面行きバス出羽庄内国際村下車
詳細はこちら(PDFファイル)
食糧自給率が39%といわれる日本は、新たな農業の担い手を求めています。しかし、農作業は過酷であり、労働条件に見合う収入もなく、農家の高齢化とともに耕作放棄地が増える一方です。さらに石油高によって、農薬、肥料、資材が高騰し農業経営全体が危機に陥っています。さらに、牛肉偽装事件、中国餃子事件、最近ではウナギや銘柄牛の偽装などが相次ぎ発覚しており、生産、流通に対するユーザの不安は高まる一方です。
消費者が食の安心、安全を求めるのは自然な気持ちですが、このような環境で正しい情報を得ることは難しいことと言わざるを得ません。
私たちは、生産、製造、流通、加工、消費のすべての立場から、食の安心、安全を担い、次世代に正しい食、安全な食を伝える責務があると考えています。このイベントは、庄内の地に根ざし食の安全を担う生産者、加工者の技を通じて、野菜嫌いの子供たちとお母様方に、野菜のおいしさ、食べることの楽しさ、尊さ、そして庄内のすばらしさを感じてもらうものです。
・・・安全・安心な食材、生命の源である食材を
たくさんの方々から理解していただき、
そして大好きになっていただけるように
楽しく和やかにお伝えできればと願っています。

21 / 22« 先頭...10...1819202122